ホームCDuni-marca
商品詳細

uni-marca[uni-marca/ZIP-0025]

販売価格: 2,381円 (税別)
重み: 120g
数量:  枚

奇妙にポップなオリジナル曲、新たな魅力発見のカヴァー曲、ナンセンス朗読などなど、交錯するレパートリー。透明な声と破壊を秘めたクールな絃が、しなやかに境界を突破する。

uni-marca "uni-marca" 12.20.2006
Uni-marca was formed by Shibata Reki (vocals, voice) and Kawasaki Jun (contrabass) in 2003. Shibata, having followed an acting career, has established a unique theatrical singing style. Kawasaki is a trained musician / composer who has collaborated with dancers, artists, poets and theater groups as well as musicians. This self-titled first album reflects these backgrounds and contains a variety of music dramatically constructed around lyrical texts. Voice performance? Linguistic pop music? How do they describe their own music? Shibata greets their fans, stating "Thank you for listening to our twisted pops. We will continue to pursue straightforward but sometimes absurd, serious but humorous music. Hope you keep on smiling at it!"


【演奏者】
ヴォーカル:柴田暦
コントラバス:河崎純

【商品情報】
タイトル:uni-marca
アーティスト名:uni-marca
発売日:2006年12月20日
発売元:ジパングプロダクツ株式会社
価格:\2,381(税別)
品番:ZIP-0025
フォーマット:CD
JAN:4582271150036

-------------------------------------------------------------------全曲試聴できます

1. 春は漠然の手のようである
        作詞:e.e.cummings 訳詞:藤富保男 作曲:国広和毅

2. and 点と線
        作詞:国広和毅 作曲:河崎純

3. 日めくりめくって日巡り巡って
        作詞・作曲:朝比奈尚行

4. 砂漠の夢
        作詞:柴田暦 作曲:河崎純

5. 弔鐘 あるいは My Way
        作詞:F・Lorca 訳詞:鼓直 作曲:国広和毅

6. ここから見たところ
        作詞:柴田暦 作曲:今井次郎

7. パレード
        作詞:朝比奈尚行 作曲:今井次郎

8. My Old Kentucky Home
        作詞・作曲:S.C.Foster 編曲:三宅榛名

9. 写真のように音楽を
        作詞:柴田暦 作曲:河崎純

10. 貴方とならば
         作詞:三根徳一 作曲:D.Dreyer

11. ナンセンス劇
         作詞:柴田暦 作曲:柴田暦・河崎純

12. 鳥の唄
         作詞:柴田暦 作曲:今井次郎

13. Till we meet again
         作詞:R.B.Egan 作曲:R.A.Whiting

(2005.10.8)
---------------------------------------------------------------------------------------
【uni-marca 〈ユニ・マルカ〉】
英語と伊語による造語。「一商標」の意。
・ uni[英語/接頭語]…一、単
・ marca[伊語/名詞]…商標、会社名、印、マーク
HP(http://uni-marca.jp/)
2003年結成

【柴田暦 プロフィール】桐朋学園演劇科卒。ヴォーカリスト。女優として<オンシアター自由劇場>の「上海バンスキング」(演出/串田和美 於/シアターコクーン)のラスト公演、<ポかリン記憶舎>(主宰/明神慈)などに出演。
現在は、ポップスから現代音楽、即興演奏のヴォーカリスト活動がメイン。
'98年より、自身のコンサートシリーズ「音楽探偵団」を始める。'99年より、パフォーマンスグループ<時々自動>(主宰/朝比奈尚行)の公演に、歌手・パフォーマーとして出演。'04年と'06年には同グループのアジア公演ツアー(マニラ、クアラルンプール、シンガポール)にも参加している。また、'06年は芝居「幽霊はここにいる」(作/安部公房 演出/串田和美 出演/毬谷友子、小澤征悦 他 於/まつもと市民芸術館 他)に歌手・楽士として出演。共演者に大友良英(ギター、ターンテーブル)、甲斐史子(ヴァイオリン)、ブルーノ・カニーノ(ピアノ)などがいる。

【河崎純 プロフィール】コントラバス奏者、作曲家、即興演奏家。齋藤徹、吉澤元治に師事。自作、即興、編曲による無伴奏ソロ、主に舞台作品の作曲、等のほか主宰、参加アンサンブル多数。様々な演奏家、歌手、作曲家、俳優、演出家、ダンサー、詩人、美術家、パフォーマンスグループとの共同作業を行なう。近年は以前から多かったダンサーとの活動に加え、テクストを介在させた表現、うた、演劇、朗読、などとの共演に力を入れている。録音はソロCD『左岸・右岸』のほか多数。
ライブ活動は、主に東京のほか日本各地、海外での演奏は、ポーランド、アメリカ、リトアニア、スコットランド、ロシアで行なった。75年生まれ。



---------------------------------------------------------------------------------------
uni-marca - uni-marca

Facebookコメント