ホーム写真集&CDHALF AND HALF (デラックス・エディション)
商品詳細

HALF AND HALF (デラックス・エディション)[William Hames]

販売価格: 4,571円 (税別)
重み: 260g
数量:  枚

1970年代は団塊の男たちの感性のルーツ。東京、青山界隈を徘徊した青春群像をてらいなく真摯に見据えていま語り歌う人生の詩。ウイリアム・ヘイムズ、日本に育ち、ロス在住。そのカメラワークとともに。

ウィリアム・ヘイムスの名は、ミュージシャンというよりも日本のポップ&ロック音楽雑誌の表紙やグラビアを飾る、名だたるロックアーティストをとり続ける写真家として知られている。ロックファンならば、1970年代から現在まで、ボブ・ディラン、ストーンズ、エアロ・スミスからボン・ジョヴィまで、どこかでその作品に触れているだろう。

廉価版もあります。






【演奏者】

Vocal/Acoustic Guiter : William Hames
Electric Guiter:Masaki Fukuda
Bass:Atsushi Fukatami
Electric Guiter:Jeff Sato
Drum:Tomoki Sassa
Vocal/Acoustic Guiter:Akio Moshizuki
Vocal:Hyoji Yoshino
Vocal:Junko Shimizu




------------------------------------------------------------------------------■全曲試聴できます
 1. 君が好きなことを
作詞 作曲:William Hames
 2. 夢路
作詞:Hyoji Yoshino/ Akio Moshizuki / William Hames 作曲:William Hames
 3. 走れウサギ君
作詞 作曲:Akio Moshizuki
 4. 地下鉄は今日も
作詞:Jyunko Shimizu 作曲:William Hames
 5. Fight
作詞 作曲:William Hames
 6. 木枯らしの街角
作詞 作曲:Akio Moshizuki
 7. 五月のカーニバル
作詞 作曲:Hyoji Yoshino
 8. あの頃/流れる時代
作詞 作曲:William Hames
 9. 海の記憶
作詞 作曲:Hyoji Yoshino
 10. Then And Now
作詞:Yoshinatu Nakamura作曲:William Hames

(2004.7.09)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【William Hames プロフィール】
1974年の夏。大学と湘南の仲間で、コンサート活動を続けていた中、突然オリジナル曲のレコードを作ろうということになった。鎌倉山の、庭は草ぼうぼう、電気、水道が止まりそうな一軒家に機材を持ち込み、気分はザ・バンドのビッグ・ピンク。実態は原始的だったが、初のLPを完成させた。自主制作の一枚目だ。その直後に、自分ことウィリアムはアメリカに渡り、何時しかロック・カメラマンになっていった。しばらくの間、バンドはお休み状態であったが、1990年、97年とカバー曲中心のCDを2枚制作し、1999年にはオリジナル曲では2枚目のCD『19-and-99』を発表。ここまでのグループ名はThe Franken Misty Brothers Band,古き良き時代風のネーミングだった。このころには音楽業界の友人達も参加が多く、2004年に、バンド名をWilliam Hames And The Small Stepsに改め、スタジオに入って完成したのが『Half And Half』。その後、東京をベースに、ライブ活動を重ね、2008年にライブCD『Just Go For It Live』を発売。Jeff Satoをfeaturingして、現在、ライブ等で活躍中。

HP( http://www.myspace.com/1004696090 )





Facebookコメント