ホームCD10 FRAGMENTS
商品詳細

10 FRAGMENTS[HISASHI/ZIP-0035]

販売価格: 2,381円 (税別)
重み: 110g
数量:  枚

独自の音楽性をベースに活動を続けるヴォーカリスト・HISASHI。今回は、収録された10曲がそれぞれ違う10人のピアニストとのデュオという画期的な内容。レコーディングは全て、同じスタジオ、同じピアノでというヴォーカリストとしての新たな極みとも思われる作品です。

『Message from HISASHI』
ぼくはピアノという楽器が大好きです。
ダイナミックスとリズムを従えた縦横無尽なサウンド。
それは宛ら、10本の指が奏でるオーケストラと言えるでせう。

『10人のピアニストと10曲のデュオ』
そんな贅沢なアルバムが作りたくて思いの丈を吐露したら、屈指の精鋭が集まって下さいました。
歌手冥利に尽きる幸せ!

同じスタジオの同じピアノ。
それがこれ程までに違った表情で僕の声と対話する妙を、そして、唯一無二な10個のかけらの輝きそれぞれを、楽しみ、愛でて頂ければ幸いです。

どこにも依らない人生=音楽があってもいいと思った。
孤独の魂を抱えてだからここに居るよ。
傍らに居るよ。

Hisashi "10 Fragments" 4.1.2010
Renowned singer Hisashi has a distinctive voice with a register of nearly four octaves. He started singing professionally in jazz clubs and American army bases in Japan while still a student. Now he is active as a solo singer, frequently performs live and also works on various projects. This concept album is designed to showcase how Hisashi collaborates differently with a range of pianists. "I have performed with so many pianists and found each of them has their own virtues. At one point, I started wondering what if I sang each song with a different pianist on one album. What kind of communication would be created between myself and the players? And here it is. I'm so fortunate that it was realized with help from my friends," he explains. Same singer, same piano, same studio… but ten different pianists for ten songs. Some are specialists in jazz, some in classical, others in contemporary music and so on. The result is a collection of ten magnificent 'fragments' with differing characteristics.


【演奏者】
Voices: HISASHI
Piano: 谷川賢作, 田中信正, 小川文明, 杉浦哲郎, エミ・エレオノーラ, 森下滋, 阿部篤志, 黒田京子



【商品情報】
タイトル:10FRAGMENTS
アーティスト名:HISASHI
発売日:2010年4月1日
発売元:ジパングプロダクツ株式会社
価格:\2,381(税別)
品番:ZIP-0035
フォーマット:CD
JAN:4582271150401

-------------------------------------------------------------------全曲試聴できます

 1. Guess Who I Saw Today
         作詞:ELIES BOYD 作曲:MURRAY GRAND  With PIANO: ハクエイ・キム
ハクエイ君のネイティブな英語力は、歌詞のドラマ性をスムーズに音と重ね合わせてくれました。
そんな、物語を反映させた嘆美なピアノ・ソロからの幕開けです。


2. うつむきかげん
        作詞:作曲:HISASHI  With PIANO: 林正樹
端正で正確無比!されどグルーヴした音がしなやかに歌声を包み込んでくれる林君の洒脱なピアノ。
至妙なワルツを篤とご堪能あれ。


3. Don’t Let Me Be Lonely Tonight
        作詞:作曲:James Taylor  With PIANO: 谷川賢作
賢ちゃんならではのタイム間で奏でられたジェームス・テイラーに、HISASHIだからこそキチンと寄り添えるのだと自負しております。須く、それは一つの歴史というべし。

4. The end Of A Love Affair
        作詞:作曲:Edward C.Redding  With PIANO: 田中信正
いやはや・・・こんなクレイジー(良い意味ね)なデュオを、しかもスルーで録音できる幸せを噛締めました!でも不思議と安堵感をも併せ持った信さまのピアノなのです。

5. 時よ
        作詞:作曲:吉田美奈子 With PIANO: 小川文明
言葉にならない程にチャーミング、且つセンシティヴな音に涙します…。オルガンの名人の文明ちゃんにピアノを弾かせる数少ない歌い手で居続けよ〜っと。

6. いつもの朝
        作詞:作曲:HISASHI  With PIANO: 杉浦哲郎
僕のオリジナルを温かく愛でて下さり、心象風景を優しく描き出すような杉ちゃまのプレイはどこまでも真摯ですね。素晴らしい!

7. 雨のにおい
        作詞:HISASHI 作曲:エミ・エレオノーラ  With PIANO: エミ・エレオノーラ
腐る一歩手前の昵懇の中(笑)だのに、正式な共同作業は初めてで感慨無量です。それにしても、今作の楽器でこんな音色を醸し出せるとは…さすがにエミだな〜。

8. Stranger In The Night
        作詞:C.Singleton 作曲:B.Kaempfert  With PIANO: 森下滋
周到に歌声を支えてくれるゲルシ〜の技が光ります。加えて、キラキラ煌びやかで軽やかなタッチに心躍ります。Shall we dance?

9. NUDGE
        作詞:作曲:HISASHI  With PIANO: 阿部篤志
「選択してきた過去がそのものの現在(いま)を形成する」ならば、べーちゃんは何を選択してこの曲を弾き始めたか…心酔があるほどに魅力的だ。しかし、自作でありながらに歌唱難曲だ。

10. なんて素敵な日
          作詞:作曲:五輪真弓 With PIANO: 黒田京子
作品の内面に沁み入るピアニッシモ。京子さんと話した、「待ち人は来るのか?もしかしたら待ち人はこの世には…」。素敵と寂しさは、いつも背中合わせで美しい。

【HISASHI 〜 本人による曲とピアニストについて】(文中敬称略)

All pianists played SAUTER piano
(2007.8.25)


---------------------------------------------------------------------------------------

【HISASHI プロフィール】
大学時より米軍基地や国内外でのジャズ・スポット等で歌手活動を開始。
そのワンアンドオンリーなヴォーカルスタイルと4オクターブ近い音域を駆使した独自の歌唱は、清水靖晃氏、村上“ポンタ”秀一氏、吉野弘志氏、ヤヒロトモヒロ氏等々…日本を代表する数々のミュージシャンとの共演を通し高く評価され、かのグラミー賞歌手クレオ・レーンからも絶賛される。

寺山修司追悼番組での共演を機に意気投合した谷川賢作氏と『VOX POP』というユニットを展開したり、右近健一氏(劇団☆新幹線)率いる『スパイダー・フロム・キャバレー』でのロック・ヴォーカルや、カウンター・テナーとして『ジ・エキセントリック・オペラ』にゲスト参加、またエンリケ氏(バービーボーイズ)とのロック・ユニット『1919』など、一貫した自身の美意識を軸に幅広い歌手活動を展開している。

又、様々なアーティストとのセッション活動の傍ら、映画、演劇、CM等の作詞、作・編曲も手掛ける(劇団民藝『星の牧場』、JTB『キャンペーンソング』、『TOYOTA CUP サッカー』等々)。
さらには、NHK内において、長年子供の歌唱指導・ミュージカル作品の音楽監修へ携わり、指導した子供達の数も延べ数百人以上という経験と実績をもつ。

2007年夏、豪華ミュージシャンを配したオリジナル・アルバム『OUT OF SIGHT』を全国リリース。


オフィシャルサイト( http://www.entercreation.com/hisashi/ )



Facebookコメント