ホームCDNoitada de Samba
商品詳細

Noitada de Samba[森本タケル/ZIP-0008]

販売価格: 2,190円 (税別)
重み: 120g
数量:  枚

25年前に日本にはこんなに素晴らしいサンバ・カンソンがあった。森本タケルとその仲間たちの日本のブラジル音楽創生期の名作復刻。
このCDは日本におけるサンバ・ショーロ史の原点となる記録といっても過言ではありません。

発掘 !! 東洋一のサンビスタ
森本タケルが録音したカルトーラの世界。
1982年2月21日、青山タワーホールで「ノイターダ・ヂ・サンバ(サンバで夜通し)」と題するコンサートが行われた。
数日後、森本タケルとサンバ・ホーゼはスタジオに集合し、出会いの記念としてプライヴェート・レコーディングをした。
それがこのCDである。

Morimoto Takeru "Noitada de Samba" 6.20.2003
Morimoto Takeru - one of the rare breed of Japanese samba singers - first visited Brazil in 1977. During his one-year stay, he was blown away by the live shows of legendary musicians such as Cartola and Nelson Cavaquinho. Returning to Japan he became passionate about transplanting this great music to his own country. Morimoto formed a backing band, Samba Rose, and played a live show at Aoyama Tower Hall in 1982. A few days later the same musicians gathered again, this time in the studio to make a private album commemorating the live show. This recording, somehow long forgotten, was rediscovered in 2003, finally seeing the light of day after 21 years. This fantastic work not only brings out Morimoto's pure passion for samba but is also a valuable document of the incunabula of the Japanese samba scene. It contains 11 songs - mainly covers of Cartola whose signature style was a mellow, rather than brash, samba in medium to slow tempos.


【演奏者】
Vocal : 森本タケル
Guiter:吉賀信二 阿部英樹
Cavaquinho:阿部英樹
Flute:高桑英世
Trombone:清岡太郎
Percussion,Chorus:岡部洋一・永武哲彌・岩崎真・小林正勝・土屋聖二
Berimbau:小林正勝
Chorus:平子真理・尾崎帆奈・大沢道子

【商品情報】
タイトル:Noitada de Samba
アーティスト名:森本タケル
発売日:2003年6月20日
発売元:ジパングプロダクツ株式会社
価格:¥2,190(税別)
品番:ZIP-0008
フォーマット:CD
JAN:4582271150142

------------------------------------------------------------------------------■全曲試聴できます
  1. JUIZO FINAL〈最後の審判〉
作詞:Nelson Cavaquinho・作曲: Elico soares
 2. CORRA E OHLO O CEU 〈走って空をごらん〉
作詞:Cartola・作曲:Dalmo Casteli
 3. 1,800 COLINAS〈1,800の丘〉
作詞・作曲: Gracia do salgueiro
 4. PEITO VAZIO〈うつろな胸〉
作詞:Cartola・作曲:Elton Medeiros
 5. SERESTEIRO〈セレステイロ〉
作曲:Pixngunha/Benedito Lacerda
 6. AS ROSAS NAO FALAM〈沈黙のバラ〉
作詞・作曲:Cartola
 7. A COR DA ESPERANCA〈希望の色〉
作詞:Caltola・作曲:Roberto Nascimento
 8. PRANTO DE POETA〈詩人の涙〉
作詞:Nelson Cavaquinho・作曲:Guilherme de brito
 9. ACONTECE〈アコンテシ〉
作詞・作曲:Caltola
 10. MALANDRO〈マランドロ〉
作詞・作曲: Jorge Aragao
 11. NA PRACA DA BAHIA〈バイアにて〉
作曲:森本タケル&サンバ・ホーゼ


(2003.6.20)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【森本タケル プロフィール】
■サンバ歌手■
 
ブラジル音楽が日本のポップス・シーンに頻繁に登場する以前の1978年にブラジルに渡り1年間リオ・デ・ジャネイロに滞在、サンバを始めに、ショーロ、MPBに傾倒。
特にブラジル到着後初めて聞いたコンサート、リオ最大のエスコーラ・ジ・サンバ「マンゲイラ」の首領カルトーラのコンサートに感動、帰国後もサンバの《激しさ・陽気さ》の陰に隠れた叙情的サウダージに満ち溢れたカルトーラのレパートリーを中心に唄っている、日本で数少ないサンバ歌手である。

■活動■

80年代からサンバ・ライブハウスを中心に活動しながら「FM東京・ライブ」
「J・WAVE」「NTV」「NHK教育テレビ」などに出演。
88年スーパー・バンド「エラ・ジ・エスチ」を結成、単独コンサート、「ピットイン」ライブなどでサンバファンを魅了した。
89年、パゴージサンバのブラジルNo、1グループ「フンド・ジ・キンタウ」、サンバ界の女性大使「ドナ・イヴォンニ・ララ」と青山CAYで共演、大好評を得た。
※「エラ・ジ・エスチ」ヴォーカルの森本タケルを中心にショーロ・クラブの笹子重治、秋岡欧、トロンボーン村田陽一、ベース八尋洋一、ドラム吉田和雄、パーカッションにヤヒロ・トモヒロ、岡部洋一などが参加したサンバグループ。

■アルバム■

 「リオ・カーニバル・ライブ」キャニオン(1978年)
 「サンバの影」サウージレーベル(1987年)
 「Praca na avenida」Prac11(1990年)





Facebookコメント