ホームCD花巻農学校精神歌
商品詳細

花巻農学校精神歌[Shun Sakai & The Long Goodbye/ZIP-0052]

販売価格: 2,800円 (税別)
重み: 120g
数量:  枚
現在サイゴンに住む酒井俊が率いるThe Long Goodbyeメンバーはこのアルバムの為に結成され短期間に様々な編成でのライブを重ねてきました。その集大成ともいえる今作品はタイトルでもある宮沢賢治が作詞した校歌『花巻農学校精神歌』を始めとし、ジャズ、映画音楽、世界中の民謡、童謡、インプロヴィゼーションと、とどまることの無い音楽家酒井俊の大いなる世界の断片がありのまま収められています。絵は画家であり絵本作家である伊勢英子さんの宮沢賢治どうわえほん『よだかの星』より。


古き旨き美酒は今、新しい器で再熟成された!

遠い或る日、ジャズ歌手から、日本語に向う歌手に変貌して、
唯一無比の酒井俊の世界は、酒井俊の世界を越境して行く。
この終わりなき歌の彼方    プロデューサー・大木雄高

落語会の打ち上げ帰りに入った下北沢のジャズ・バー“レディ・ジェーン”での
『サカイシュン』ナイト。酔った、興奮した。
そしてその場で売っていた五枚のCDすべてを買って帰った。
家で繰り返し聞く『サカイシュン』。
とうとう落語会のエンディングにも使わせてもらっている。     落語家・立川志の輔

Shun Sakai & The Long Goodbye "Hanamaki Nougakkou Seishinka" 4.20.2015
Since her stage debut in 1976, legendary Japanese jazz singer Shun Sakai has continually explored new possibilities in sound and voice. After an eye-opening experience, in terms of jazz musicianship, of dwelling in Manhattan, New York for over two years in the 1980s, she returned to Japan for an extended period, and has recently settled in Saigon, Vietnam. During this time she has released many albums and singles as well as works for movies and TV dramas etc. As an ever-evolving artist she has been changing styles and has now left convention behind, moving into more experimental and improvisational jazz. Her 2015 release "Hanamaki Nougakkou Seishinka" reflects this tendency. Its fourteen tracks range from jazz standards such as 'I Love You Porgy' by Ira and George Gershwin, through traditional Japanese songs to poem reading, some in festive mood, others in de-constructive mode. She is supported by 11-piece band The Long Goodbye and the lyrics of the title track are borrowed from 19th century visionary Japanese poet/novelist Miyazawa Kenji.

【演奏者】
酒井俊:vocal
and
The Long Goodbye
田中信正: piano (M02〜05. M07〜13)
坂本弘道: cello, musicalsaw, electronics (M03. M06. M10. M12〜14)
土井徳浩: clarinet (M01. M02. M05. M07. M09. M13) bass clarinet (M10〜12)
太田朱美: flute (M02.M04.M05. M07. M09. M11〜13)
類家心平: trumpet (M08. M12〜14)
纐纈雅代: alto sax (M10)
向島ゆり子: viola (M06)
北村聡: bandoneon (M03)
熊坂路得子: accordion (M02. M05)
瀬尾高志: contrabass (M06. M09〜14)
竹村一哲: drums (M09. M11〜13)

【 商品情報 】
タイトル :花巻農学校精神歌
アーティスト名 :Shun Sakai & The Long Goodbye
発売日     :2015年4月20日
発売元     :ジパングプロダクツ株式会社
価格      :\2,800 (税抜)
品番      :ZIP-0052
JANコード番号:4582271150647

------------------------------------------------------------------- 試聴できます
1.  Cheek To Cheek 作詞/作曲:Irving Berlin
2.  My Wild Irish Rose 作詞/作曲:Chauncey Olcott
3.  I Am You 作詞:Sally Potter/Homero Manzi 作曲:Sebastian Piana
4.  Both Sides Now 作詞:作曲Joni Mitchell
5.  お菓子と娘作詞:西條八十 作曲:橋本國彦
6.  6月の雨の夜チルチルミチルは 作詞/作曲:友部正人
7.  金毘羅船船 香川県民謡
8.  I Loves You Porgy作詞:Ira Gershwin 作曲:George Gershwin
9.  酸模の咲く頃〜ブンガワンソロ〜かんぴょう 作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰 作詞:酒井俊  作曲:Gesang Martohartono 作詞:北原白秋 作曲:福井文彦 
10.  Lonely Woman作詞:Margo Guryan 作曲:Ornette Coleman
11.  森の小人〜リボンの騎士 作詞:山川清/玉木登美夫 作曲:山本雅之 作詞:能加平 作曲:富田勲
12.  遠い野の原酒井俊(朗読)
13.  The Long Goodbye 作詞:John H. Mercer 作曲:John Williams
14.  花巻農学校精神歌 作詞:宮沢賢治 作曲:川村悟郎

---------------------------------------------------------------------------------------
【酒井俊】

1976年、伝説のJAZZ CLUB「ミスティー」で歌い始める。翌年初のアルバム「SHUN」がリリースされ反響を呼ぶ。リーダーアルバム3枚を含む多くのレコーディングに参加。同時に約2年半、殆ど休まずに歌う生活を過ごしたが突然渡米し2年間のマンハッタンでの生活、そして帰国。約8年間の家庭生活に入る。その後、日本語の歌を積極的に取り入れ、渋谷毅と再会し復帰する。様々な国の唄を歌い続け、阪神淡路大震災の後に生まれた「満月の夕」と運命的な出会いを果たす。「満月の夕」を歌うにあたっての賛否両論の中、何年にも渡って毎夜歌い続け、03年には「第45回日本レコード大賞企画賞」を受賞する。
04年からそれまでの活動を見直し、新たな音と唄の可能性を模索し、従来のあり方から大幅に変化すべく、即興演奏・民族音楽の影響・トラディショナルへの傾倒を反映しつつ、演奏家たちとの終わりのない共同作業へと積み重ねられている。09年には8年振りの2枚組「Night At The Circus vol.1」を、10年には「PLAYS STANDARD vol.1」「a few little things」を制作し2枚同時発売した。12年には「螺旋階段な日常」をリリースする。13年の暮れよりヴェトナムに住み始め、海外ても活動の幅は拡がっている。

ShunSakaiOfficialSite


Facebookコメント