ホームCDめぐる〜MEGURU
商品詳細

めぐる〜MEGURU[ZIP-0048/ENSEMBLE NOMAD]

販売価格: 2,800円 (税別)
重み: 100g
数量:  枚
この一枚に広い世界が待っている
ルネッサンスのスコットランドから、アフリカ、ヨーロッパ、アジアまで
全9ヵ国を巡るノマドの旅の調べがここに!

アンサンブル・ノマド結成17年目にして、初のオリジナルアルバム。アレンジ、演奏ジャンル、演奏スタイルが遺憾なく発揮された一枚!



■クラシック・ニュース アンサンブル・ノマド音楽監督佐藤紀雄オリジナルCDを作る!


【 参加ミュージシャン 】
guitar:佐藤 紀雄
flute, piccolo, voice:木ノ脇 道元
clarinet, bass-clarinet:菊地 秀夫
violin:花田 和加子
violin, viola:甲斐 史子
contrabass:佐藤 洋嗣
percussion, voice:宮本 典子
piano:稲垣 聡

violin:川口静華
cello:松本 卓以
percussion:相川 瞳
cimbalom, percussion:生頼まゆみ

【 商品情報 】
タイトル:めぐる〜MEGURU
アーティスト名:ENSEMBLE NOMAD
発売日:2014年5月31日
発売元:ジパングプロダクツ株式会社
価格:\2,800(税別)
品番:ZIP-0048
JANコード番号:4582271150609

-------------------------------------------------------------------全曲試聴できます

1〜4.  ルネッサンス・スコティッシュ舞曲集
作曲:ピーター・マックスウェル・デイヴィス
      1.  Intrada (0:41)
      2.  Sweit smylling Katie loves me (with the Ladie Louthian’s Lite) (1:13)
      3.  Ane Exempill of Tripla (1:18)
      4.  Alymayne (1:07)
5.  Re: 作曲:相川 瞳 (3:39)
6.  ブルガリアン・ロック 作曲:アタナス・ウルグズノフ (5:02)
7.  アヴェ・マリア 作曲:J.S.バッハ 編曲:C.グノー/木ノ脇道元 (2:36)
8.  ハンガリー舞曲No.1 作曲:J.ブラームス 編曲:アンサンブル・ノマド (3:23)
9.  チャルダーシュ VI 作曲:ミレーナ・ドリノヴァ 編曲:クリストフ・マラカ (6:28)
10.  ショーロス No.5 作曲:エイトル・ヴィラ=ロボス 編曲:アンサンブル・ノマド (4:54)
11.  コントラバヘアンド 作曲:アストル・ピアソラ 編曲:アンサンブル・ノマド (5:15)
12. 熊蜂の飛行作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ 編曲:アンサンブル・ノマド (1:22)
13.  『熱帯雨林』より「子供の遊び」 作曲:ジャック・ボディ (1:46)
14.  『エスタンシア』より「小麦のダンス」 作曲:アルベルト・ヒナステラ 編曲:アンサンブル・ノマド (2:55)
15.  クラリネット協奏曲K.622より アダージョ 作曲:W.A.モーツァルト 編曲:アンサンブル・ノマド (7:26)
16.  『エスタンシア』より「マランボ」作曲:アルベルト・ヒナステラ 編曲:アンサンブル・ノマド (4:09)
本編:時間52分
---------------------------------------------------------------------------------------
【 ENSEMBLE NOMAD】

1997年、ギタリスト佐藤紀雄の呼びかけによって集まった、無類の個性豊かな演奏家によって結成されたアンサンブル。「NOMAD」(遊牧、漂流)の名にふさわしく、時代やジャンルを超えた幅広いレパートリーを自在に採り上げ、斬新なアイデアやテーマによるプログラムによって独自の世界を表現するアンサンブルとして内外から注目されてきた。
2002年度に行なった定期演奏会「ケージとメシアンの間で交わす自然と宇宙に関する往復書簡」は、大きな反響をよび、サントリー音楽財団「第2回佐治敬三賞」を受賞した。海外からの招待も多く、2000年オランダの「ガウデアムス音楽週間」、2003年ベネズエラで行なわれた「フェスティバル・アテンポ」、2005年11月パリで行なわれた「フェスティバル・アテンポ」およびイギリスの「ハダースフィールド現代音楽祭」、2007年にはメキシコの「モレリア音楽祭」、また、2008年10月にはソウルでの「パン・ムジーク・フェスティヴァル」などに出演。2009年秋には、中国の北京首都師範大学、北京中央音楽学院、四川音楽学院で中国人作品を中心としたプログラムの公演を行ない、好評を博した。2011年には2度目の韓国公演を開催。2013年7月にはエストニアとオランダで新作オペラの世界初演を行ない、大きな注目を浴びた。今後もスイス、フィンランド、メキシコなどでの公演を予定している。
また、近年ではアウトリーチ活動にも積極的に取り組み、保育所、病院、小学校、特別支援学校等で訪問コンサートやワークショップを行なっている。

公式ホームページ
( http://www.ensemble-nomad.com/)


Facebookコメント